盗まれたお金とその後の顛末

こんばんは。

突然ですが、海外生活6年目にして初めて盗難らしき盗難に遭遇しました。

先に申し上げておきますが、これ私の落ち度が大きいと思ってます。

まあでも、色々不思議な点もありつつ心の片隅に引っ掛かる物もありつつ、最終的には丸く収まっている話なので、ちょっとお話しさせていただきますね。

事件が起きたのは先週の木曜日の朝、私がタイに出張する為バタバタ荷造りをしていた時の事。

タイに出張する事は結構頻繁にあるのでタイバーツを持っている事が多いのですが、今回は手持ちが少なくて交換が必要だなーと思った私は、保管しているUSドルを取ろうと金庫を開けます…が、無い…。

そして思い出します。あ、そういえば2週間前にシンガポールにUSドル持ってって余った分、洋服掛けの引き出しにしまっておいたんだった。

引き出しあけます。ありました。でも…。

お金はあるがある筈の金額に百ドル札数枚分足りない。

端数の金額はあっているので足りないのは丁度百ドル札分だけ。

次に思い浮かぶもの…誰が?

私の家には週二回ハウスキーパーさんが来ます。

真っ先に疑うのが彼女なのでしょうが、彼女過去1年半以上働いていて、その間ビタ一文家のお金に手をつけた事が無い。

もしかしたら金額が大きくて魔が差したのかも知れないが…いやそれならもっと早くにボロが出る筈だ。

そして思い出すのは過去の出来事…あった…。

丁度その数日前家のWi-fiルーターが交換されたのですが、ハウスキーパーさんが一人で交換出来ませんので、業者が入っている筈。

という事で、丁度ハウスキーパーさんが掃除に来る日だった事もあり、来たハウスキーパーさんに事情を説明します。

ハウスキーパーさん当然「私は知りません。確かに業者は入ったけど見てました」

予想通りの反応、彼女はやってないんじゃないかな?

とも思うし、もし落ち度があったとしても認める訳が無い。

正直言って私、この時点でもうお金は戻って来ない物と諦めていたんですよね。

誰がやったか、どういう経緯でやったか、今更追った所で恐らく真実には辿り着けないだろう。

ただ一つハッキリしている事、それは、「不在中に他人が出入りする可能性のある所に貴重品を置いておいた自分がそもそもの問題だったんだ」という事。

寧ろこうなるとハウスキーパーさんを問い詰めるのは逆効果です。

元々ハウスキーパーさんは最初に部屋を借りる時に不動産屋さんが紹介してくれた方、その場で解雇することは困難な上、他の会社の人の部屋のハウスキーパーも兼務しています。

下手に追い詰めて恨みを買う方が実は怖いのです。

恨みを買った挙句の盗難、破壊はよく聞く被害のお話しでもあります。

なので、私はハウスキーパーさんに「Wi-fi設置の業者さんが来たんだよね?分かった。不動産屋さんに聞いてみるから今日は普通通り仕事してね」と言って会社に向かいました。

(当然この時点で全ての貴重品は金庫に移動済)

そして、ダメ元で不動産屋さんにメールを打ったのですが、ここで話が予想しない方向に向かいます。

メールの内容はこんな感じ。

「不動産屋さん。こんな事をお願いするのは誠に申し訳ないのですが、助けて欲しい事があるのです。本日部屋の中のお金が無くなっているのを発見しました。無くなったタイミングは今から遡って2週間の間。本来であれば貴重品を金庫に保管していなかった私に落ち度があるのは重々承知しているのだが、一度ハウスキーパーさんと話して、この2週間にあった事、出入した人を確認して貰えないか?」

そしてその15分後、不動産屋からメールが返って来たのです。

「本当に申し訳ない事をした。お金はすぐに返す。今晩届けに行くが何時に家に帰るか教えてくれませんか?」

…はい?

いやちょっと待って?

メールしてから15分だよね?

もし朝話した後ハウスキーパーさんから連絡が入ったとしても1時間しか経ってないんだけど…何でそんなに早いの??

残念ながらその日私は会社からそのままタイに出張だったので返事を返します。

「すみませんが、私今日出張で週末まで戻りません。月曜日にお会いする事で宜しいですか?」

と言うと、分かりました、との返事。

出張中もその事が心に引っ掛かります。

可能性としては…以下のどちらか?

1.  業者に確認したら秒で「自分がやりました」とゲロった…?

いや普通そこまでして盗むならもう少し言い逃れとかするでしょうよ、それとももしかしてその不動産屋が鬼より怖かったとか?

2. 業者に確認したが「やってない」と言ったが、疑わしいのでまずはお金を返す事を優先した。

普通やりませんよね?まずは経緯の確認が第一でその後責任の追及になる筈。

1のケースになる位ならそもそも業者はそのお金に手を出さないのでは?と思ってしまうので、もしかして2?と悶々としながらジャカルタに帰り、月曜を迎えます。

仕事から終わって家に帰り程なくすると不動産屋さんが来ます。

封筒と大きな手提げ袋を持って…。

こんばんは!と握手するやいなや真っ先に不動産屋が怒涛の如く喋り出します。

「本当にこの度は申し訳ない事になってしまった。悪いのは業者だった。このアパートメントで私達は3人の業者を雇っていて、その内の一人が先日あなたの家に行ったのだが、ハウスキーパーさんも仕事しながらだったからしっかり見れていなかった。お金はこの通りお返しするし、業者には相当の処分をするからどうか許して欲しい」

と無くなった数百ドルのお札の入った封筒を渡してくるのを口をアングリあけて受け取る私。

「こんなに早く調べてくれてこんなに早く対応してくれて感謝の言葉も無い。そもそも本来であれば私がこういう事を注意しなければならず、今回お手を煩わせてしまった事を申し訳無く思います。今後このようなお互いに取って不幸な事が起きないよう貴重品は金庫に全部ぶち込んでおきます」

もうね、これしか言えない。先に悶々と悩んだ1か2かなんて野暮な事もう聞けない。

ここまで非の打ちどころのない対応されたんですもの。

そして不動産屋さんは手提げ袋を渡す。

「気分を害してしまい申し訳なかった。これでも食べてくれ」

つい最近ジャカルタに出店してきたシャトレーゼの大きなケーキ、シュークリーム3個、生クリームどら焼き3個。

不動産屋さん、私単身生活なの知ってるよね??

ぶっちゃけ、この不動産屋さん、今まで出会った事の無い位面倒見の良い不動産屋さんなんですよね。

物件探し、入居時、クリスマス、社内のメンバーで集まるイベント時、必ずと言っていいほど過剰な差し入れをくれる事で有名な方。おかげで昨日の冷蔵庫がこんな感じ、ドーン。

そして今日、家に帰ると今度はハウスキーパーさんからお手紙が来てました。

「私は過去色んな日本人の方のお手伝いをしてきたが、今回の事は初めての経験です。しっかり目を離さないでいなければならなかったのに本当にすみません。今後このような事が無いようしっかりしますのでお許し下さい」

えーとですね…私日本で2桁回数引っ越ししたりしたり家借りたりして不動産屋さんとはお話しする機会があったんですけどね…。

こんなしっかりした対応されたの生まれて初めてでした。

決して「あるある」じゃない世界もあるんですよ。たまにはね。

ただ、一つだけ引っ掛かる事があるとするならば…。

本当に真実が不動産屋さんの言った通りだったのか、物事を丸く収める為にありえない位の迅速な対応を取ったのか…もうその追及をすることは叶わないんですけどね。

あと、今後はこれだけは忘れないようにして行きたいと思います。

ハウスキーパーさんを雇う時は必ず鍵で閉められる戸棚や金庫を確保しその中に貴重品を入れる!

来訪者が来る時は事前に報告してもらう。その時間は他事をせずに来訪者を見といてもらう!

皆さんも、特に単身で不在時にハウスキーパーさんを入れる方、お気を付けください。

それでは。

※注意点として先に言っておきます。この不動産屋さんとは会社との取引に関連して繋がっている方ですので、個人的に紹介して欲しいとかそういう問い合わせをいただいても対応は致しかねます。その点ご了承ください。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

2件のコメント

  1. 大変でしたね(^^;
    でも、ひとまず解決?してよかったですね。
    私はハウスキーパーを雇った経験はありませんが、
    やはり他人を家に入れるには貴重品はきちんと管理ですね。
    ホテルでハウスキーパーが入る感じかな…?

    いいね: 1人

    • そうです、ホテルに掃除入る感じですが、毎週ずっと入っているので部屋の中の配置は全て知り尽くされてるます。
      ハウスキーパーさん自身はそんなに疑っていなかったのですが、業者のせいで色々気まずくなるのも困った話なので自衛はしないといけませんね~。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください